CA・パイロット・航空会社
おばちゃんにもわかるように解説します。
パイロット&CA夫婦より
CA

客室乗務員として採用される人の特徴【元CA教官と元パイロット】

こんにちは、【家計・子育て・旅行・移住】ブロガーのくま(kumakumablog)です。
今回は、旅行シリーズの【航空会社】のお話です。ちなみにこのブログは、世界一ビビりお父さんのブログを趣旨に、日々、汗水垂らして、全力で書き上げています。

実は、CA(客室乗務員)に採用されている人には、共通点があるんです。

なぜなら、僕(元パイロット)と妻(元客室乗務員CA教官)が、何百人、何千人の客室乗務員と仕事をしてきて、気づいてしまったのです。

この記事では、僕(元パイロット)と妻(元客室乗務員CA教官)の経験を元に、これから客室乗務員(CA)になりたい人や、客室乗務員になりたてで、まだまだ馴染めない人にとっての攻略法をお伝えします。また、この記事では、実際に何百便も客室乗務員として乗務していた妻(元客室乗務員CA教官)の経験を主にご紹介します。 ”あなた” だけに、限定公開します。

記事を読み終えたころには、あなたの客室乗務員の夢が、すぐそこに近づきます!

客室乗務員(CA)として採用される人の特徴

今も昔も、人気職業の客室乗務員(CA)。果たして、雲の上の存在なのでしょうか?

いえ、違います。ぶっちゃけ普通の人です!汗

なぜなら、僕の妻は普通の人だからです。

客室乗務員を目指しいるあなたに朗報です。僕(元パイロット)と妻(元客室乗務員CA教官)の10年間の経験から、実際に採用されている客室乗務員の特徴をご紹介しちゃいます。つまり、ご紹介する内容を習得できれば、採用の確率アップも間違いなしです!

客室乗務員(CA)として採用される人の特徴といっても、多岐に渡ります。ですので、行動・外見・性格の3つ分野に分けて、それぞれ細かく紹介します。これは実体験ですので、かなり参考になります!採用試験のお役に立てればと思っています。

客室乗務員(CA)として採用される人の特徴 行動編

笑顔

接客業ならどの職業でも、重要視されるのが笑顔です。客室乗務員(CA)には、特に必要になります。妻曰く、笑顔のコツは、口元を隠しても目だけで笑顔とわかることが重要だそうです。たしかに、実際パイロットをやっていると、みなさん、本当に笑顔を絶やさす仕事をしています。一緒に仕事をしていて、職場の雰囲気もよくなりますし、好印象になります。自分で、鏡や動画を撮って、笑顔の練習してみてはいかがでしょうか?

話し方

特にこれと言って特別なことをするわけではありません。基本をちゃんとできていればOKです。以下の4つにまとめてみました。

  1. 人の目を見て話すこと
  2. 丁寧な話し方で話すこと
  3. 標準語
  4. 話し上手・聞き上手

①②については、ちょう基本的なことで言うことはないのですが、③④について説明します。

標準語

標準語が評価対象に入るかは、微妙なところですが、コテコテの方言がある場合、アナウンスに影響がある為、標準語にしなければなりません。PeachなどのLCCでは、関西弁でアナウンスをしているので、大丈夫だと思いますが笑

話し上手・聞き上手

自分の感情や出来事をうまく伝える力は当たり前ですが、それと同時に聞き上手でもなければなりません。お客さまからの要望やコックキピットからの要望もちゃんと聞かなくてはなりません。

姿勢・歩き方・座り方

姿勢をちゃんとした方がいいって、わかっていても、具体的にどうすればいいのかわかりませんよね?簡単に言うと綺麗に見える姿勢・歩き方・座り方ってことです。

ちなみに、背骨が曲がっていたら、客室乗務員CAにはなれません。検査がある航空会社もあります。なぜなら、乗務中に荷物を運んだりして、腰を痛めたりするからです。

では、具体的な方法をご紹介します。

  1. 姿勢は、天井からつられていると思って、行動すること。
  2. 背筋に関しては、腰が反らないように、お腹をひっこめること。
  3. 油断すると、すぐに姿勢が崩れるので、常に意識すること。
  4. 鏡を見たり、動画を撮ったりして、練習すること。

所作

これも姿勢同様に、綺麗に見えることが大切です。下の動画、美しいお茶の入れ方なのですが、とても客室乗務員の所作に、参考になります。

客室乗務員(CA)として採用される人の特徴 外見編

次は、外見編です。全部に共通して、言えることは、「自信があるように見せる」ということです。

容姿

これはなんと言っても、僕も妻も同意見で、「綺麗な人が多い!」ということです。じゃあ、元々美人じゃないと採用されないのか?って、思う人がいますが、それは、違います。元々美人っていう人もいるのですが、それよりも「自分を綺麗に見せる」ことが大切になってきます。元々綺麗じゃなくても!?綺麗に見せる見せ方がうまい人が多いです。

清潔感

例えば、髪の毛がボサボサだったり、化粧が派手すぎたりしている人は、いません。ちゃんと、ワックスやスプレーを使って、髪の毛が前に落ちてこないように気を使っています。プライベートは、派手でも仕事中は清潔感が大切です。さらに言うと、仕事中は個性的な人はいません。番人受けする身なりの人が、確実に多いです。妻(元客室乗務員CA教官)曰く、月間エアステージに書いてあるそうです。

体型

これも、僕も妻も同意見なのですが、「痩せている人が多い」ということです。

なぜなら、客室乗務員CAとして一番重要なのは、サービスではなく、緊急時に保安要員として、動けるかが重要になってきます。もちろん、体型で差別することはよくないことですが、ちゃんと動けないと客室乗務員には適していません。また、痩せているということは、自分の体型をコントロールできていると思われ、高評価にもつながります。

客室乗務員(CA)として採用される人の特徴 性格編

最後に、性格編です。妻(元客室乗務員CA教官)と話しあったのですが、たくさん出てきましてので、どっさり公表しちゃいます。どの客室乗務員見ても、これらの特徴がない人はいません。

  • 強い人
  • 明るい人
  • 素直な人
  • 大食いな人
  • 努力家の人
  • 志が高い人
  • おもしろい人
  • 美意識高い人
  • 霊感が弱い人
  • 洞察力高い人
  • 体力がある人
  • 協調性がある人
  • 英語力が得な人
  • 忍耐力がある人
  • どこでも寝られる人
  • 言葉遣いが上手な人
  • 食べることが好きな人
  • サービス精神が多い人
  • ぬすむ技術が上手な人
  • 1人での行動が好きな人
  • オンオフの切り替えが、できる人
  • きらりと光る何かをもっている人
  • 目配り、心配り、気配りができる人

 

参考ですが、日経新聞にこんな記事が出ていました。参考になると思います→ANAに聞くCA採用の舞台裏 服装やメイクは大事?

客室乗務員(CA)として一番大切なもの

これは、妻(元客室乗務員CA教官)の意見ですが、

心身ともに健康であること』が、一番大切!

だそうです。なぜなら、厳しい訓練や乗務、様々な場所でのステイ、それらを乗り越えるには、心身の健康は不可欠です。僕自身も体調を崩して会社を辞めていった人や、心の病を患ってしまった人、何人も知っています。あなたは、どうでしょうか?

まとめ

今回は、客室乗務員CAになれる人の特徴を、ご紹介しました。あなたは、当てはまりましたか?本記事でご紹介したものは、あくまでも元パイロットの僕と妻(元客室乗務員CA教官)が、感じたものです。全部を網羅している人なんて、現役の客室乗務員でもいません。

自分が足りないと感じることは早めに克服し、少しでもあなたの夢に近づけることを心より願っています!

もしも、質問がありましたら、何でもお答えしますので、twitter DMまで!

おわり。

かぴ子・かぴ男
プロフィール
▫️CAのこと
▫️パイロットのこと
▫️航空会社のこと

元CA教官妻(かぴ子)と
元パイロット旦那(かぴ男)の
共同ブログ

お仕事の依頼は、 お問い合わせまで
お願いします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です