CA・パイロット・航空会社
おばちゃんにもわかるように解説します。
パイロット&CA夫婦より
航空会社

パイロットが使う「お願いごとを忘れさせないたった1つの話術」

こんにちは。カピ男です。パイロット10年やってました。

いきなりですが、あなたはちゃんと頼み事したのに、相手に頼みごとを忘れられた経験ありませんか?同僚や部下に頼みごとや指示を、忘れられたことありませんか?
「コピーと、資料作りと、メールやっといて」って、言っても、何かしら忘れてくる人いますよね?

プライベートなら問題ないのですが、仕事だと大問題に発展しかねません。しかも、パイロットだったら、無線での頼み事や指示、忘れられてしまったら、次便欠航ってことも、ありえます。

パイロットも同様、様々な人にお願いごとします。整備、燃料、管制、デスパッチ、CAなど、たくさんの人に、お願いごとすることがあります。もちろん完璧な人間なんていません。人間誰もが忘れる生き物です。

でも、パイロットがお願いすると、お願いされた人は、忘れ物がないんです。

実は、パイロット、特別な話術を使っています。その名も「ナンバリング」

この記事は、お願いごとを忘れさせないパイロットの話術をご紹介します。この記事を読めば、忘れ物をする同僚や部下に、もうイライラしません。

 

忘れ物をさせないナンバリングとは?

結論から言います。

ナンバリングを使えば、あなたの頼み事は、忘れられません。

ナンバリングとは、頼み事の数を伝えることです。

例えば、

「大根、人参、レタス買って来て!」と言うわけでなく、「大根、人参、レタスの3つ買ってきて!」と言うのです。人は、何か買うものを忘れたとしても、何個買うかは絶対に忘れません。

実際のパイロットの場合、「お客さんの数、燃料の搭載量、次の出発時間の3つ教えてください!」など、無線で問い合わせることがあります。

あなたは、無線で1回聞いただけで、すべて覚えられますか?無理ですよね。

でも、「3つ」ってことは、覚えてないでしょうか。

「3つ」ということだけ、覚えていれば、たとえ忘れたとしても、相手からもう1度聞いてきます。こうやって、パイロットは、忘れさせることを防いでいるのです。

ここだけの話、パイロットだけじゃなくても、どこの世界でもナンバリングは有効です。

例えば、会社の部下や上司、あなたの子供や妻、学校の友達など、ありとあらゆる場面で使えるのです。もちろん、忘れ物をするのは、頼まれた側の責任です。でも、あなたが1歩大人になることで、相手の忘れ物がなくなるのです。

頼み事を忘れて、困るのは誰でしょうか。頼んだ側ですよね。そうです、あなたです。

まとめ

パイロット言うのは、いろいろな人の仕事をカバーしなくては、いけません。CA業務の把握、デスパッチの運航判断、機体の整備状況。本当なら、CA、デスパッチ、整備士が責任を持って、担当しなくてはなりません。しかし、パイロットは、様々の人や情報から、最終的に判断してくては、いけないのです。そこが辛いとこでもあり、やりがiとあるところです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。このブログには、あたなの人生に役立つ情報が、まだまだたくさんあります。ぜひ、ブログ内を読みあさって見てください。あなただけの宝物が絶対に見つかります!

パイロット・CA・航空業界・飛行機のことを、おばあちゃんにもわかるように、ご説明しています。あなたは、僕のブログをクリックしてくれました。その貴重な時間を無駄にしない為にも、僕は、汗水たらして、何にもかけて記事を書いていきます。あなたの悩み・不安を少しでも減らす為に。

TwitterInstagram、コメントからメッセージ頂けると、飛び上がるくらい嬉しいです!質問があれば、全力で返信させて頂きます!では。おわり。

かぴ子・かぴ男
プロフィール
▫️CAのこと
▫️パイロットのこと
▫️航空会社のこと

元CA教官妻(かぴ子)と
元パイロット旦那(かぴ男)の
共同ブログ

お仕事の依頼は、 お問い合わせまで
お願いします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA