CA・パイロット・航空会社
おばちゃんにもわかるように解説します。
パイロット&CA夫婦より
航空会社

【みんな大好きなANA】10%の人しか知らない本当の構造改革。

こんにちは、かぴ男です。エアラインパイロット10年やっていました。コロナの影響で、航空会社は火の車。赤字・赤字・赤字のオンパレード。

そんな中、ANA HD(以下ANA)が公式に事業改革を発表しました。日本の空はどうなってしまうのでしょうか?こんな状況では、将来、あなたの子供たちは飛行機に乗れないかも知れません。

この記事では、ANAの公式事業改革を、元パイロットの僕の立場から、おばあちゃんにもわかるように、徹底解説していきます。難しい言葉は、使いません。

この記事を読めば、航空機から航空業界の未来が、簡単に想像できます。そして、ANAの未来も。

ANA 事業改革 5つの柱

2020年10月17日に、発表されたANAの事業改革は、大きく分け5つの柱から成り立ちます。

簡単に言うと、

  1. 持ってる飛行機売っちゃいます!
  2. 持ってる社員、他の会社で働いて!
  3. 給与減らします!
  4. 低運賃の航空会社作ります!
  5. 個人情報、グループ内で使いまわします!

って、こと。

ちょっと、難しく言うと、

  1. 2021年3月までに、保有機材を33機を減らす。
  2. 2021年春までに、400人以上をANAグループ外に出向
  3. ANA従業員の給与3割カット目標
  4. 中距離国際線を狙った新LCCの立ち上げ
  5. ANAグループで、顧客情報を活用。航空以外を強化。

それでは、個々に、おばあちゃんにもわかるように、解説していきます。

2021年3月までに、保有機材を33機を減らす。

ここが、航空会社にとって一番重要な発表です。

ANAの保有機材307機から、33機を減らすと発表。割合で言うと、約11%。

需要のない飛行機を減らして、整備費用、中期費用、人件費を減らす狙い。飛行機は、地上にいる時は全くお金を稼ぐことはできません。空に飛んで、やっとお金を稼げます。コロナの営業で、地上でお寝んねしている飛行機を、売却・契約解除すると発表しています。

簡単に言うと、会社規模を小さくすること。

機体売却については、違う記事で詳しくと解析してますので、こちらをどうぞ。

元パイロットだからわかるANAの機材売却の本当の意味【極秘】こんにちは、かぴ男です。エアラインパイロット10年間やっていました。 誰もが知っているANA。ほとんどの人が乗ったことのあるANA...

2021年春までに、400人以上をANAグループ外に出向

ANAの公式HPによれば、ANAグループ社員数は、 45,849人。割合で言うと、1%以下。まぁ400人以上となっていますで、40,000人の可能性もありますね(笑)

単純にはいきませんが、航空機を約11%減らすだから、従業員も約11%不要になります。つまり、5,000人くらいは不要になるってこと。

その就航先として上がっているのが、

  • 家電量販店 ノジマ
  • 成城石井
  • 鳥取県庁
  • トヨタ

などの候補が上がっています。

ここからは僕の想像ですが、

出向するANA社員は、相当苦労すると思います。なぜなら、「私たちは、ANA!」という、自負があるから。思い出してください。JALが経営破綻した時のこと。

ノジマなどの出向先は、受け入れてあげてる側。でも、出向するANA社員としては、プライドを捨てきれません。

そしてもう一つ、ANAの経営陣は、そのままANAを退社してくれたらラッキーと思っているでしょう。自己都合退職として。

ANA従業員の給与3割カット目標

給与の3割カットって、結構きつくないですか?

月収30万円の人が、21万ですよ?

パイロットの平均年収2000万も3割減なら、1400万。まぁ、一律3割って言うのは平等っちゃ平等なんでしょうけど、所得が低ければ低いほど、生活が厳しくなりますよね。

ちなみに、一般の人に知られていないパイロットの給与は、別記事で大暴露しています(汗)

パイロットの年収【元パイロットが語る真実】【口外禁止】こんにちは、かぴ男です。 エアラインパイロットを10年間やってました。 空港で時々見かけるかっこいいパイロット。いまだに高給取り...

中距離国際線を狙った新LCCの立ち上げ

ANAグループが、中距離国際線LCCを計画。JALのZIP AIRに対抗するためでしょうか。

しかし、この新規LCCの計画は、元々ANAグループだったAIR JAPANをLCC化するもの。外国人パイロットを雇い、契約・契約解除を簡単にして、経営をやりやすくするみたい。

ここからは、僕の意見ですが、LCCは儲からないと思います。なぜなら、高い搭乗率を維持しなけらば、黒字化は難しいからです。

こういうと、「GO TO トラベルが大盛況なのに?!」と突っ込まれそうです。

結論から言うと、GO TO トラベルはいつまでも続きません。さらに、企業の出張などでLCCは、使いづらいです。

何を言いたいかというと、

GO TO トラベルは一時的

GO TO トラベルで使った費用は、国民の増税でまかなう

LCCの大口顧客である旅行者は減る

という、流れ。なぜ、ANAグループはLCCをもう一つ作るでしょうか。

ANAグループで、顧客情報を活用。航空以外を強化。

航空会社からしたら、顧客情報を使い回し、顧客のニーズに応じたサービスや商品を営業できることは、良いことです。

しかし、お客さまであるあなたの立場から、考えてみてください。

あなたの趣味や住所などの大切な個人情報が、ANAグループ内で筒抜けです。航空会社にとってはいいことでも、お客さまにとってはあまり気持ちいいものでは、ありませんね。

まとめ

本記事では、2020年「ANAの構造改革」について、解説しました。いかがだったでしょうか?

これからの数年、航空業界は過去にない暗黒時代に突入するでしょう。

航空業界を目指す人、航空業界で働く人、他人ごとでなく、自分のことのように、考えることが大切です。明日は、我が身。近い将来、あなたのクビが飛ぶかもしれません。

何か質問がありましたら、お問い合わせお待ちしております!
最近は、質問が多いので、お時間かかるしれませんが、必ずお答えしてきます!

では。

おわり。

かぴ子・かぴ男
プロフィール
▫️CAのこと
▫️パイロットのこと
▫️航空会社のこと

元CA教官妻(かぴ子)と
元パイロット旦那(かぴ男)の
共同ブログ

お仕事の依頼は、 お問い合わせまで
お願いします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です